トップページ お持ち帰りメニュー 手づくりです ひとくちメモ 店内メニュー
カリーナ近隣情報 リンク 休業日 更新履歴 おやじのひとりごと


親の義務 おやじのひとりごと(82)

手紙 〜親愛なる子供たちへ〜

歌:樋口了一 詞:樋口了一・角智織 曲:樋口了一

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても

どうかそのまま私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても 靴紐を結び忘れても

あなたに色んな事を教えたように見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても

その結末をどうかさえぎらずに聞いて欲しい

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本の暖かな結末は

いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去っていくように見える私の心へと

励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひとときに 私が思わず下着を濡らしてしまったり

お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて

いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に

祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ足も弱り 飲み込むことさえ出来なるかも知れない

足も衰えて立ち上がることすら出来なくなったなら

あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように

よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど

私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい

きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように

私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと

あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ

愛する子供たちへ

これは樋口了一の歌「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」の歌詞だ。
2008年10月にリリースされ、2009年3月に日本テレビの番組「誰も知らない泣ける歌」で取り上げられたことにより、4月にはオリコンチャートのトップ10に入ったそうだから知っている方は多いことと思う。
この歌(歌詞)には反響も多かったようだ。

「この歌を聴いて、幼かったころに受けた暖かい親の愛が思い出された」
「一人暮らしをし、自分がどれだけ愛されていたか、どんなに親が苦労していたか、偉大であるかを知った」
「“泣ける歌”を越え“心揺さぶられる歌”で、命のつながりを気付かせてくれる歌だ」
「もう親を亡くしてしまったが、早くにこの歌を知っていればもっとやさしく接することもできたのでは・・・と悔やまれる」
「今のうちに親孝行したいと感じさせられる歌」
などの賛美する声が多かったようだが、反面、
「恩着せがましい」
「実際に介護している人間にはこんなあまったれた詩で美化されることに嫌悪さえ感じる」
「こんな歌を聴かされたら子どもが可哀そうだ」
「狙ったようなくさい歌詞が不快だ」
などの声もあったようで、少数意見とはいえ受け止め方はいろいろある。

しかし私はもっと単純に受け止めている。
親から子へ語りかけるように書かれたこの詩は、この世に生を受けた人間だれもが迎える「老い」とその「終末」
この自然の摂理をありのままに素直に、そして不安を抱かずに親子ともに受け入れることを呼びかけているように思う。
そのうえで、親子それぞれの置かれている立場をお互いに理解し、この摂理に対処できれば理想なのだが、しかし現実はそう簡単にはいかない。
社会的な環境を含め、特に経済的な要因は子どもたちの対処する時間を奪い、対処する方策さえ奪ってしまう。
末端にまで目の届く福祉行政が施行されるのはいったいいつになることなのだろう。

先日、会社勤めの頃の先輩から「面白い本を読んでいるんだ」と電話が入った。
中村仁一著の「大往生したけりゃ医療とかかわるな」、“自然死”のすすめ、の本のことだった。
ちょうど読んでいた本で、その趣旨には理解し賛同できる部分も多かったので話も盛り上がった。
話題にもなった本なので読まれた方も多いのではないかと思うが、私たち夫婦の年代になると「自分の終末をどう迎えるのか?」という問題は、もうはっきり示しておくことが子どもたちに対する義務ともなってきていると思う。
それは具体的には医療での延命措置の是非や葬儀の方法など、子どもたちにまかせては、その場の感情に流されて冷静沈着な判断ができずに戸惑わせてしまう事柄についてである。

65歳になったとき、そんな思いを持ってエンディングノートを買い求めた。
夫婦の間では「延命措置は拒否する」「葬儀は家族葬で」など、お互いに意見は一致してはいるものの、その「延命措置」の具体的な項目、心肺蘇生、人工呼吸器、胃瘻や鼻チューブなどによる強制人工栄養、人工透析、輸血など、その項目の指定になるとまだその状況によっての判断にあいまいさが出てくる。
まだ自分でさえしっかりと判断できぬものを子どもたちに託してはあまりにも酷というものだろう。

私がつねひごろかみさんに冗談のように言っていることがある。
「人さまに下の世話をしてもらわなければならないようになったら、俺は食を断って終焉を迎えるよ」
かみさんは笑いながら「そんなことができたらね、食いしん坊の私にはとても駄目だわ」と軽く受け流すが、たしかに現実には無理があるのだろうが、現在健康でいる方ならばその気持ちは理解してくれると思う。
人間の排泄行為はその人にとって守るべき尊厳と思っているからだ。

そのことに関連することで、かみさんからビックリするとともに、おもわず感心してしまう話を聞いた。
庚申(かのえさる)はご存知でしょうか。
干支の組み合わせの一つで60年に一度めぐってくるもので前回は1980年、次は2040年になります。
この1980年の年、面白いと思われるうわさ話が広がっていたそうです。
『庚申の年に申年生まれの人にパンツに“申”の字を刺繍してもらうと将来下の世話を受けないですむ』というもの・・・・
この年、私の娘は申年生まれの12歳。
もう刺繍はできる娘に頼んでさっそく刺繍してもらったそうである。

「これがそうなのよ・・・」と持って来て見せるかみさん。
なんとまだ現物があったのだ!
迷信のたぐいなど信じないかみさんが、古くなるとその刺繍だけ切り取って新しいものに縫い付け続けてきたらしい。
もちろんたまに穿くだけだったらしいのだが、娘の刺繍を捨てがたかったこともあったのだろう。
32年続けたその行為に感心したわけだが、刺繍をした当人は、はたしてこのことを覚えているのだろうか?
念のために書いておくが、ネットで調べた限りこの“うわさ話”はどこにも載っていなかったが、プラス思考で判断すれば幸せを呼ぶうわさ話になったことには間違いがない。

“食を断つ”ことをできぬ食いしん坊のかみさんが、下の世話を受けぬまま大往生を迎えられることを娘とともに信じていたい。

バックナンバーはおやじのひとりごとよりお入りください